naka_shoの日記

20代会社員です。

『宇宙兄弟』に学ぶ、「事実」と「真実」の違い

宇宙兄弟』に学ぶ、「事実」と「真実」の違い

 

漫画『宇宙兄弟』を知っていますか?

2人の兄弟が宇宙を目指す物語です。

この漫画には、本当にたくさんの学びがあります。

なんの学びにもならない会社の研修よりもよっぽど有意義です。

 

 

2021年2月には、『宇宙兄弟』待望の39巻が発売されました。

またしても学びの多い内容でした。

吾妻さんから学ぶ「真実」と「事実」の違いについて書こうと思います。

 

 

「真実」と「事実」の違いを教えて下さい。

と聞かれたらなんと回答しますか?

もちろん、辞書等で調べれば定義は出てきますが、自分自身の定義を考えてみてください。

 

定義を考える上では『宇宙兄弟』39巻が役立ちます。

 

場面はロケットの打ち上げ場。

数日後に控えた打ち上げを前に、宇宙飛行士のメンバーが集合します。

そこに集まっていた記者から日々人に対して質問が飛びます。

パニック症やNASA戦力外通告、かつてのチームメンバーとの仲違い

世間でも色々意見が飛び交っていますが、そこらへんどうお考えですか、と。

 

日々人が回答に困っていると、吾妻さんが割って入りこんなたとえ話をします。

 

ある二人の青年が広場でキャッチボールをしていた。

 

片方のミスった投球をもう一人が思いっきり跳んでナイスキャッチしたが

着地のとき水たまりにはまってびしょ濡れになってしまった。

 

その様子を離れた場所から見ていた主婦たちが疎ましそうに話す。

「不注意だからあんなことになるのよ」

 

別の場所で見ていた男も呟いた。

「下手なやつがいつも暴投してできる奴に迷惑をかけるんだよな」

 

またべつの場所で見ていた男が言った。

「嫌がらせじゃないのか?どう見てもワザと水にはまるように投げていた。」

 

当の二人の青年たちはただミスをして、ただ水に濡れただけだった。

何事もなく、キャッチボールの続きを楽しんだ。

 

遠くでボソボソ言っている意見なんていつでもそんなもんです。

 

 

めちゃめちゃかっこいい。

吾妻さんファンは多いと思いますが、より一層ファンを獲得したと思います。

話をもとに戻し、「事実」と「真実」の違いです。

 

事実とは、客観的な事象のことです。

真実とは、事象に対して人が解釈を加えたものです。

 

周りの人は好き勝手いろんなことを言います。

その人の角度で事実を解釈し、意見をします。

 

ただ1つの事象でさえも、見方が変われば、

人の数だけ意見は出てきてしまいます。プラスの意見も、マイナスの意見も。

真実は人の解釈の数だけ存在してしまうので、コントロールは難しい。

 

大切なのは事実はどこにあるのかということ。

「ファクトベースで」とよく聞きますが、まさにそのことです。

真実に惑わされず、事実と把握すること。

そうすれば、周りの意見なんて聞くに及ばない。

 

吾妻さんはそう言いたかったのではないでしょうか。

 

宇宙兄弟』には、考えさせられるシーンがたくさんあり、

ビジネスでも役立つ考え方がたくさんあります。

ぜひ読んでみてください。